素人が筋トレで失敗しない方法を考えて行動をしましょう

筋トレを行なった方がある方や今現在もされている方ならわかると思いますが、筋トレわとても奥が深いものです。
少しフォームや可動域が違うだけで筋トレの効果が、大きく変わってきます。
なので、初心者が失敗しない為のトレーニング方法を説明していきます。

1.重量を気にしない

素人でよくありがちなのが、重量を上げすぎてトレーニングを行う事が多いです。
周りが自分よりも重い重量を扱っているので、
周りの目を気にして重いものでトレーニングをしてしまいます。
ですが、これが間違いなのです。
よく見てみると、同じ重量なのに周りとフォームが違うはずです。
周りの方わある程度トレーニングを行なってきている方達なので重い重量でもフォームが綺麗なのです。
ですが、初心者がいきなり重い重量でトレーニングを行うとダンベルなどの重さを上げることに一所懸命で、肝心の鍛えたい部分に負荷がかかってない状態になってしまいます。
軽いからといって恥ずかしい事もありません。
大概の方も軽い重量を扱い最後の追い込みをします。
それにフォームが崩れているのに重い重量を扱っている方が恥ずかしいです。
トレーニングわ自分と向き合うものなので周りの人わ関係ありません。

2.筋肉の収縮をしっかり意識する

筋トレでしっかりと効果を出すにわ収縮が肝心になってきます。
扱っている重量をしっかりと筋肉で意識して収縮出来ているのなら、しっかり負荷がかかっている証拠です。
これが出来れば苦労しないのですが、素人でわ中々収縮を意識するのが難しい事なのです。
特に普段使わない筋肉などわ特に難しいです。
よく、トレーニングでわ意識する事が重要と聞きますがこれわ筋肉の収縮の事なのです。
トレーニングで鍛えている部位を意識する事で収縮度わ変わってきます。
ですがこれも練習する事やトレーニングを重ねていくとだんだん意識する事が出来てきます。
例えば、凄く軽い重量で筋肉の収縮だけを意識したトレーニングを行うなどすればまた違うと思います。

筋肉を大きくする為のトレーニングわしっかりと負荷を乗せて上げることと、収縮を最大限させることです。
最初わ難しいかと思いますが、これらのことが出来るようになればトレーニングの効果をもっと発揮できますし、トレーニングの楽しさも増えます。
なので、やみくもになんとなくトレーニングを行うのでわなく一つ一つの動作を丁寧に行うよにすればトレーニングの奥深さなどに気づく事ができます。
諦めずにコツコツ頑張っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です